黒ウサギのつぶやき

日常生活の中でふと思いついたことなどを中心に、できるだけ新鮮なうちに書き込んでいきます。 とはいえ、結構怠け者なので、かなーり間が開くかもです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【やっと】竹富島旅行 3日目【折り返し】

最近UMPCが気になって仕方がない。というのも、今使っている東芝LibrettoU100の調子があまり好ましくないのだ。
やたら発熱するし、ウィンドウをドラッグするとフリーズするし・・・。きっとメモリがらみなんだろうな。

お気に入りの期待なんだけど、パワー不足も感じているので、冬のボーナスで買い換えようかなぁ。

と、言うあたりで、竹富島旅行3日目。行って見ようか。


■10/07

taketomi 3-01


さて、夜が明けたが特に雨の降る様子はない。何とか御嶽めぐりはできるのかな。
前日にビールを飲んだせいか、朝起きるのがつらい。どうも肝臓が弱くなっているのか、今までは酔わなかった量のアルコールでしっかり酔ってしまったりする。年はとりたくないものです。
(ことしは飲酒はこの一杯だけ。昼から飲酒なんて言語道断。アルコール回って楽しめなくなるよ)

TVつけて緒方拳死去のニュースに驚きつつ朝食を食べに。今日は和食系になっていた。沖縄料理系ではないのね。
taketomi 3-02

でも、味付けも程よく、おいしい朝食でした。朝からさば食べられるなんて、どういう幸せだ。ウマウマ。


朝食後に昨日うっかり眠ってしまっていけなかった南潮庵へ行こうと思ったが、よく考えたら開店は10:00~だったので、カイジ浜まで行ってみることに。雲の間から太陽が見えて雨も降りそうになかったので、集落から離れても大丈夫かなという感じ。
taketomi 3-03

カイジ浜にはまだほとんど人が集まっていなかったものの、この旅行で初めてここのお土産屋さんが開いているのを見た。といっても、あくびしていたりと結構やる気なさげ。実際扱っているものもたいしたものじゃないんだけどね。一応客商売。もうちょっとやる気出せ!

せっかくカイジ浜まで来たので、そのまま海岸線を東へ向かってみる。昨日入手した地図では、カイジ浜から東、車海老養殖場との間あたりに御嶽があるようなのだ。陸路がまったく書き込まれていないため、おそらく徒歩での接近は難しそう。ただ、地図で見る限り海のそばにあるようなので、海岸側からのアプローチができないか・・・という期待に基づいての探索だ。
taketomi 3-04

taketomi 3-05


海岸線はそのほとんどがゴツゴツとした珊瑚で、転ぼうものなら怪我は免れなさそう。それでもいけるところまでと進んでいく。潮は引いており、波に削られた岩場を進むこと30分、なにやら怪しげな滝のあるところで一時停止。
taketomi 3-06

何この滝・・・うっすら緑っぽい水なんですが・・・。海岸全域に水が広がっているわ、一部なんか海の雪的な泡になっているわで、どうにも先へ進む勇気がわかない。

taketomi 3-07

おそらく車海老養殖場の排水なのではないかと思うんだけどね。

<<後日確認>>
やっぱり車海老養殖場の排水だそうです。それほどきなたい水ではないみたい。
もともとこの辺まで観光客が来るのはまれなんだろうね。


空模様も怪しくなってきたので、あきらめて引き返す。できるだけ波打ち際を進んで崖の上を見やすくしていたんだけど、ここまで御嶽らしき影は見えじ。海岸からのアプローチもできないのか・・・いったいどんな御嶽なのか・・・。

カイジ浜まで戻ってみると、観光客が増えている。高速艇もつく時間だし、仕方ないのかな。
必死に星の砂探しちゃって・・・(カイジ浜は星の砂が取れます)。めったに見つからないのにがんばるなぁ。
お土産屋の星の砂がほとんど西表島産だということをどれだけの人が知ってるのかなぁ。
そんなことを考えながら丸太に腰掛ニラニラと観光客を見ていると、野良猫が擦り寄ってきて組んだ足の上に落ち着きだした。
taketomi 3-08
taketomi 3-09

とうとう俺のターンキターーーー!なんか苦しそうな姿勢でがんばる野良に萌えつつまったりしていると小雨が降り始める。天気予報め。こんなときこそ外れろってんだ。

あきらめていったん宿に自転車を置きに行くことに。戻る間にも雨は強さを増していき、遠くで雷鳴が聞こえ出す。
宿についたころにはそれとわかるような雨に変わっていた。あー、今日はもうだめなのかなぁ。

宿に自転車を置いた後は南潮庵へ。ここでは流木アクセサリーを中心に作っているんだけど、その出来栄えが黒ウサギのハートわしづかみで、ここ数年、くるたびに新作を買っている。

今年はついに手を出しました。豪華な流木3本使用のネックレス。もう一本の少し大きな流木をつけたネックレスも購入。流木そのまま利用よりも、こうやってちょっと手を加えているぐらいのがいいね。
taketomi 3-10
taketomi 3-11


始めてこのお店に来たときは、金額的に躊躇したアクセサリー類を、「自分が気に入った」というものをさくさく買えるようになるなんて・・・。仕事がんばった甲斐があるなぁ。

来年もまたこよう。

南潮庵を出ると結構いい時間になっていたので願寿屋でそばを食べることに。
この旅行初の沖縄そば(どんぶりサイズ)。味付けもよろしく、おいしゅうございました。
taketomi 3-12


ただ、このお店にも出ました喫煙者
過去に別のブログにも書いたけど、喫煙者ってのはタバコの煙の流れと臭いの流れに本当に無頓着なやつが多くて死ねよお前たちと思うことしきり。
5メートル程度離れたって、風が吹けば一発で臭うんだよ。お前ら嗅覚死んでるから気にならんのかもしれないけどこちとらこれからそば食おうとしているんだよ。密閉した部屋の中で吸ってこいボケ!くせーんだよ!

このころ土砂降りの雨が降り出したので、ヤニ吸いも動かなくなっちゃって最悪。若いお嬢さんたちが15分間に3本ですか。吸いすぎだお前らwww

黒ウサギは本日よりタバコ一箱1000円化に賛成させていただきます。マナーを守れる人間だけが吸えるよう、できれば免許制にしてほしいくらいです!

腹がいっぱいになったところで、今年はつの水牛車に乗ることに。今回は竹富観光を使ってみる(近いから、というだけの理由ですが)。
taketomi 3-13

受付で驚く。いま13:10なのに、次回は14:00らしい。観光客が少ないからとはいえ、ちょっと間開きすぎだろうwwww
予約だけしておいて、島内をうろつくことに。雨で洗われたせいか、道にまかれた白砂が綺麗で、ぶらつくだけでも結構楽しい。こういうところが竹富島のいいところだね。

そして14:00.水牛車観光始まる。今回の水牛は、竹富観光の長老格「たけちゃん」。開始直後と待ったかと思うと、バケツ一杯分の「大」を出してくれて、なかなか画期的な出だし。
taketomi 3-14

竹富観光は、水牛車の乗り場を移動している。たぶん建替えのためなのだろうけど、それによって、巡回コースに変化が出ている。いつもと逆ルートで回る感じなので、大丈夫かなと思って見守っていると、これがなかなか上手に回る。鋭角な場所もすんなりだ。
観光は約30分。島歌聞きながらのんびりと回る。そう何度も乗るものではなけど、思い出したように乗っちゃうな、これ。今度は新田観光のにものろう(コースが違う)。

taketomi 3-15

今日は天気が思わしくないので、御嶽回りコースは明日に延期することにした。そのため、水牛車観光のあとはぶらりと島内をうろつく。
まずは西桟橋。
taketomi 3-16
taketomi 3-17

カラスが変なポーズで口を半開きにしていたりと、いつもとは違う雰囲気。桟橋の袂では桟橋突端にいても会話の内容がわかるほどの声で「実家に帰りづらい」「彼氏を持ったら男友達と遊んではいけないのか」「彼氏に縛られるつもりはないが、やはり安心感を得るために彼氏は必要」などのトークをしている女。さらに娘(幼女)となかなか手をつなごうとしないツンデレ父。
なんかおかしいぞ、どうしたんだ竹富島wwww

ちなみにおかしなトークをしている女はどう贔屓目に見ても現在の主流を行っている感じではなく、ドラマや映画ではにぎやかし要因程度、ギャルゲでは攻略対象外という感じの面相で、「彼氏」とやらのグレードもおのずと知れようという感じ。
(のちに島内唯一のゲストハウス前で再遭遇したため、上の認識はほぼ間違っていないと考えている)

続けて桟橋からコンドイビーチまで歩いてみる。
ここには「なまこゾーン」が存在する。カメラのフレーム内に6なまこは当たり前。多いときは10なまこぐらい行くというなまこゾーン。手のひらサイズのなまこもいるよ!

また、このエリアには祭事で祭る神石がある。明日の御嶽めぐりでもう一度おとづれる予定なので、そっちで詳しく。この神石から上の道路へでる道があるが、この道がとても静かで、妙な感覚になる。昔の人が神を感じたのもこういうときなのか。大樹の写真をとった瞬間、頻繁に木の実が落ちてきたのにはさすがにゾッとした。


たたらないでね!

その後雨が降り始めたので、あきらめて集落にもどる。
なごみの塔のお向かいに去年の11月からオープンしたという喫茶店、ハーヤに入る。
taketomi 3-18

雰囲気は青山とかで見かけそうなちょっとデザイナーチックな喫茶/バーみたいな感じ。床に珊瑚敷き詰めているのはこの島ならではか。
マンゴーパフェと紅茶で一息。結構味もいいね。食事もあるようなので、ランチとかできてもいいかもなぁ。
taketomi 3-19


ハーヤで雨が上がるのを待って宿へ。途中、94歳のおばぁと話す。旦那のサイパン玉砕のはなしを笑いながらするあたり、たいしたもんだね。ピンシャンしてるし、これからも長生きしてください。

宿に戻り食事。夕飯も和食路線。いろいろとおいしい。本当にここのご飯おいしいなぁ。竹富島では最高級クラスの宿のようなのだけど、あまり堅苦しいところがないのもいいね。
taketomi 3-20


さぁ、明日は御嶽めぐり。鬼が出るか蛇が出るか・・・いや、出ないでください、お願いします。

スポンサーサイト
  1. 2008/10/15(水) 21:23:50|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【行くぜ!】竹富島旅行 4日目 その① 【御嶽!】 | ホーム | 【まだだ】竹富島旅行 2日目【まだ終わらんよ】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://krousagi.blog103.fc2.com/tb.php/92-66c2168c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロウサカウンター

カウンターを追加してみました

人数伸びないと、ウサギだからさびしくて死ぬかもしれんw

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Krousagi

Author:Krousagi
黒ウサギの部屋にようこそ!
時々毒っ気全開になるので、気分が悪くなったら、電源を切って外の空気を吸おう!

写真が皇帝ペンギンなのは、特に突っ込まないでくれ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。