黒ウサギのつぶやき

日常生活の中でふと思いついたことなどを中心に、できるだけ新鮮なうちに書き込んでいきます。 とはいえ、結構怠け者なので、かなーり間が開くかもです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【まだだ】竹富島旅行 2日目【まだ終わらんよ】

今日は休み明け初出勤。あー、かったる。休みすぎたかなぁ。

とはいえ、記録はしっかりつけないとね。んでは10/06分を。


■10/06

taketomi 2-01

昨夜のうちに野獣刑事1週目クリア(←真・ダメ人間)。やっぱりおもしろいわ、これ。
さて、10/06。6時に起床。この辺はいつもの生活パターンなので仕方ないか。夕飯が17:30だったので、結構な空腹感を覚えながらも朝の散歩に出てみる。
taketomi 2-02

taketomi 2-03

taketomi 2-06

taketomi 2-07


東のアイヤル浜で日の出が見れるそうだけど、水平線近くに雲が出ていたため、今回はパス。浜まで結構距離があるってのもあるんだけどね。
集落に入りまずは新しくなったという竹富観光水牛車乗り場へ。
taketomi 2-04
小/中学校のそばにあった空き地をつぶして、水牛車乗り場と御土産屋、食堂を開いたみたい。砂利じきにしちゃったのはちょっとあれだけど、前より広くなったのかな。

もうひとつ新田観光というところでも水牛車観光をやっている。黒ウサギ的には新田のほうが好き。御者のおっちゃんが途中で歌を歌うのだが、これが結構うまいからというのが主な理由。竹富観光は若い御者が多いせいか、勢いがある感じなんだけど歌声が軽くてちょっとがっかりしたり。
とはいえ、この2社、巡回コースが違うので、両方乗ってみることをお勧めかな。
黒ウサギはもう毎年乗っているから今年はどうするかわかんないけど。

で、そのまま西桟橋へ。宿泊客が少ないのか、桟橋は人がいない。ヒャッホゥ。
taketomi 2-05

まったくの無人。高速艇もまだ走っていないのか、波の音以外はまったく無音。たまらん。
桟橋の突端には岩場があり、この時間は小魚がいっぱい。青いのが特に目立っているけど、よく目を凝らすとカサゴとかハゼとかもいたりする。この時間の桟橋、お勧めだ。日の出見ている場合じゃない。

taketomi 2-08
taketomi 2-09
taketomi 2-10


宿に戻り朝食(ちなみに桟橋から宿まで徒歩30分くらい)。朝食も洋食系。今度は写真取ったぞ。
去年は島料理系だったけど、やはり路線変更なのかなぁ。おいしいから文句はないんだけどね。

taketomi 2-11

taketomi 2-12


食事が終わったら自転車に乗ってコンドイビーチまで。この島唯一の海水浴場(アイヤル浜以外は泳げないことないんだけど)で、すでにぱらぱらと人がきている。といってもその数30名にも届かないような疎らさなんだけどね。
taketomi 2-14
taketomi 2-15
taketomi 2-16

ビーチに出たらすぐ右に折れ、砂浜を西桟橋方面に歩くと、この時間帯は結構広い木陰を見つけることができる。打ち上げられたワカメなんかが甘ったるい匂いを放っていることを除けば、この木陰は絶好の休憩所。泳ぐつもりは元からないので、早速レジャーシートを引いてねっころがる。

taketomi 2-13
ねっころがり視線で一枚。

とても静か。波の音と、遠くから高速艇のモーター音、そして鳥の鳴き声と羽ばたき、時々ビーチのほうから聞こえる笑い声。ああ、平和ー。
平和を満喫したので、今年こそやってみようと思った「浜辺で音楽聴きながら眠る」ってのをやってみようとiPodTouch!を取り出し、シャッフル再生開始。

「らき☆すた ドラマCD」がかかりました(←ダメ度MAX)。おかしい、ジャズとかクラシックの比率のほうが高いのになぜ?www 時々ニヤニヤしてたんじゃないかなぁ。ラッキーチャンネルまですべて聞ききりましたが、まったく眠くならず。野望失敗。

そうこうしているうちに11:30。浜辺の客も増えてきたので、それを機に昼食をとることに。昼食は西桟橋近くの「ガーデンあさひ」。なにやらシェフの息子が帰ってきてメニューに変化が出たとか行ってたけど、どんな感じ時なのか。
このお店、昔は小中学校のそばででっかいテント屋根の下で店開いていたんだけど、立派な建物になってる。
入店。冷房寒い。お店は広くていい感じ。禁煙のカウンター席に座る。メニューに目を通すと、結構洋食多い。島で養殖しているはずの車海老とかも入ってるね。
ランチセット(島魚フライ・石垣牛ハンバーグ・車海老フライ・サラダ・沖縄そば・アイスキャンディー)と、石垣牛の牛丼、そして島魚の酢味噌和えを頼んでみる。
結果。うん、おいしい。際立ってうまいというわけではないけど、おいしいよ。観光地料理の中では上位に入るんじゃないかと。
それよりも、ついでに頼んだ「花氷スイーツ・黒糖ソース」が予想外のうまさだった。
taketomi 2-17
練乳を凍らせたシャーベットに、南国風フルーツとかコーンフレークがかかっていて、黒糖をかけている。練乳シャーベットは糸を引くようなとろみがあって最初は何事かと思ったけど、口に入れるとおいしい。黒糖と一緒だと、プリンみたいな味になるのかな。これはお勧め。

食後は集落を軽くぶらつき、港へ向かう。
taketomi 2-17

港そばのゆがふ館でこの島の細かい地図を手に入れようと思ったからだ。
taketomi 2-18

実は、この島には御嶽と呼ばれる神様の住む場所があるのだが、明日それを回ってみようと思っている。
もちろん、観光客が気軽に足を踏み入れてはいけない場所なので、礼節をわきまえて入らなければならないのだが。
その辺の礼儀と、場所を正確に知りたかった。

観光用の地図だが、主要御嶽の記載された地図を200円で購入。さらに、この館にある読み物から、御嶽参拝の礼儀と禁則事項をかくにん。原則拝殿には入ってはいけない(男)、拝殿への土足進入禁止(女)、一声挨拶してから参拝。当然近隣にごみ捨てるの禁止。
後は地図に乗っていなかったような御嶽を控えておく。たぶん、もうものがないのではないかと思うけど、一応回っておかないとね。
地図入手後、港へ。昨日と同じくいい天気だったのでひょっとしたらといってみたが、案の定海が綺麗。ここまで蒼くないと、南国という感じがしないね。というぐらいの蒼。ここはもう一回ふらりと来たいところだなぁ。
taketomi 2-17
taketomi 2-19

港で写真を撮っていると、ひっきりなしに連絡船が来ては人がやって来、帰っていく。写真を撮っている間に2回見かけた人もいるぐらい。もっとのんびりしていけばいいのにねぇ。この島、2泊ぐらいしないと楽しめないよ。

港を離れ、集落へ。郵便局でお金を下ろし、黒ウサギお気に入りのお店、アクセサリーの南潮庵へ。
taketomi 2-20


・・・行ったところ、15:00まで休憩との看板。むぅ。一人営業のお店だから仕方ないやね。
ということでいったん宿に戻って、16:00ごろまでごろごろすることに。ところが、エアコンの効いた部屋でねっころがったとたん、何かが耳元でささやいて、気がついたら入眠。目覚めたら17:00www。店しまっとるwww

あきらめて夕食。今日もカメラを忘れたが、部屋にとりに帰り何とか撮影。今日も洋食系だったけど、昨日とはメニューも異なり、やはりおいしい。ご飯がおいしいって旅では大切だよね。うん。明日からは島料理形になるそうなので、そっちも楽しみ。
ちなみに今日は、宿泊客の一人が誕生日だったらしく、食後にみんなにケーキが振舞われた。ショートケーキだったんだけど、これもうまかった。どこのだろう?クリームの塗り具合からすると、お手製っぽいんだけど・・・まさか厨房で作った!?クリーム甘くてよいショートケーキでした。ありがとうトモくん!ごちそうさん!

taketomi 2-21
taketomi 2-22
taketomi 2-23


部屋に戻りニュースで明日の天気を確認する。・・・雨かよ!これは御嶽めぐりは延期かなぁ。うす曇りぐらいでこらえてくれないかなぁ。
ひょっとすると御嶽めぐりをやめるよう島の神様からのメッセージかもしれない。うーん。



らき☆すた ドラマCD(ドラマがコンプリートなディスク)らき☆すた ドラマCD(ドラマがコンプリートなディスク)
(2008/08/27)
ドラマ平野綾

商品詳細を見る

スポンサーサイト
  1. 2008/10/14(火) 21:33:36|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【やっと】竹富島旅行 3日目【折り返し】 | ホーム | 【いよいよ】竹富島旅行 1日目【出発】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://krousagi.blog103.fc2.com/tb.php/91-5a336122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロウサカウンター

カウンターを追加してみました

人数伸びないと、ウサギだからさびしくて死ぬかもしれんw

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Krousagi

Author:Krousagi
黒ウサギの部屋にようこそ!
時々毒っ気全開になるので、気分が悪くなったら、電源を切って外の空気を吸おう!

写真が皇帝ペンギンなのは、特に突っ込まないでくれ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。