黒ウサギのつぶやき

日常生活の中でふと思いついたことなどを中心に、できるだけ新鮮なうちに書き込んでいきます。 とはいえ、結構怠け者なので、かなーり間が開くかもです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【障害という】じゃぁどうしろってんだよ【わがまま】

まったく、じゃあどうしろってんだよというニュース。

■会いたい聞きたい:銀河カレッジ施設長・梅田伊津子さん /熊本(毎日.JP)
http://mainichi.jp/area/kumamoto/news/20080824ddlk43040245000c.html

知的障害がある人の就職が進まない。コミュニケーションが苦手で、周囲に理解されにくいことが背景にあるという。知的障害者の親で、宇土市築籠(ついごめ)町の就労支援施設「支援センター銀河カレッジ」で施設長を務める梅田伊津子さん(63)に、施設の活動と知的障害者を取り巻く現状を聞いた。
(中略)
--知的障害のある人を取り巻く環境は変わりましたか。
◆まだまだ厳しいです。先日、羽田空港から飛行機に乗った時、娘がシートベルトを
付けるのを嫌がりました。私が上から抑えていたので問題はないと思うのですが、
しっかり締めずに声を出していたこともあってか「シートベルトをしていない人を
乗せることはできない」と、降ろされました。別の便に乗って帰りました。

--どうしてなかなか環境が改善されないのでしょう。
◆知的障害のある人と接した経験が少ないからだと思います。もっと外部社会との
交流を増やせれば、一般の人たちの理解も進むと思います。(抜粋)



知的障害を持っていれば多少のことは許されるとでも思っているのだろうか、支援センター銀河カレッジ施設長・梅田伊津子(63)は。

まず気になったのはここ。
>私が上から抑えていたので問題はないと思うのですが

素人が勝手な判断してんなよ。
何がどう問題ないんだよ。


飛行機が離陸時にトラブって事故った時、どうなるか考えが及ばないのだろうか?

飛行機は離陸時にはかなり加速している。それが急激に減速されようものなら娘飛んでくぞ
63歳のばあさんの力でそんなときにはたして抑え切れるのか?
飛んでいった先で人にぶつかって怪我でもさせたらどうする気なのか?

子供を抱っこした状態で自動車事故を起こし、子供がフロントガラスを突き破る事故だっておきているんだ。車でそれなんだ。飛行機ならなおさらだろうが。
よしんば離陸したとしても、着陸時に嫌がったらどうすんだよ。乱気流に巻き込まれてベルト着用が必須のときに嫌がったら?
いいか、手で抑えて何とかなっているならエアポケットに落ちたときに脊椎損傷するような事故は起こらないんだよ。それだけ飛行機内ではベルトは重要なんだよ。

シートベルトをしないで事故にあって怪我したら、絶対に航空会社を訴えそうだよな?
「安全責任を怠った」って。

63年間も生きてきて、そんな常識さえ持ち合わせていないのか?こんなのが施設長てのが信じられない

これが知的障害ではなく健常児だったらどうか?
まぁ、飛行機から降ろされるのは当たり前になるよね。
知的障害者というだけで、何で嫌がったらシートベルトを着用しなくてよくなるわけ?
乗客の安全を守るためには当然の措置だと思うんだけど、それを「知的障害のある人を取り巻く環境はまだまだ厳しいです」という方向に結論付けるあたり、非常にいやらしいものを感じた。

いいか、こういうことを平気で発言している限り、障害者に対する理解は一向に深まらない。絶対にだ。

ここまで障害者側のエゴが強くなるとあきれるしかないね。自分達を特権階級と思っているのだろうか?

>知的障害のある人と接した経験が少ないからだと思います。
>もっと外部社会との交流を増やせれば、一般の人たちの理解も進むと思います。


何この上から目線?少しは自分が周囲にあわせようとか思わないのかね?
障害を一般の人たちに理解させる前に、まず貴女が飛行機をはじめとした社会のルールを理解するべきではないのかね?
それに、こういった交流は10年以上前から言われている。それでもこんな状態なんだ。
外部社会との頻繁な接触が改善には意味が無いって事をなぜ理解しない。
壊れたレコードみたいに同じ事を何度も何度も・・・。

勘違いしないでほしいが、黒ウサギは障害者を特別嫌っているわけではない。保母資格も持っているし障害児施設での研修・勤務経験もある。ある程度の理解は持ち合わせているつもりだ。
気に入らないのは「障害を持っているから仕方ない。大目に見てくれ」という姿勢がありありと見えている関係者があまりにも多いということだ。
こういった人間達が障害者と健常者の溝をより深いものにしていると自覚してほしい。

知的障害者はよほど近しいもので無ければ何を考えているかがぱっと見わかりにくい。
思考の読めない存在というものに、人間は本能的に不安を抱く。今後の行動がシミュレートできず、緊張状態が続いてしまうためだ。
だから知的障害者を一人で社会に出すのは現時点では無謀だと思うし、先日青梅で起こった中学生による集団強盗事件のようなものも起こってしまう。

知的・身体的を問わず、健常者によるバックアップが不可欠なのが障害者であるということを忘れてはいけない
自立できればすばらしいだろうが、出来たとしても都会の生活に順応するのは非常に難しい。

関係者以外の人々の善意が、障害者が生きていくうえでは欠かせないということをあらためて理解してほしい。そして、その善意は障害者側が上に立つことでは決して得ることが出来ない
(一部そういった奉仕の精神に篤い人もいるだろうが、毎日の生活に忙しい人には無理な注文だろう)


残念ながら現代の日本では健常者と障害者は対等ではない。
障害者側から「健常者はもっと歩みよれ。われわれに対する理解が足りない」などと上から目線で言われて、どうして親切にしようという心が生まれるのだろうか?

日本人は情で動くものが多い(チョウセン/チュウカ・ヒトモドキ系を除く)。弱者に位置づけられてしまっている障害者は健常者の情に訴え、サービスを引き出す努力が必要と考えている。

こっちだって毎日忙しいんだ。朝の混雑した駅構内でモタモタされて電車に乗り遅れたり、やっと座れたと思ったら隣で寄生発したりされていい気分のわけないだろ。うざいし気味悪いんだよ。

知的障害者の親が自分の子供を健常者と同等に生活させたいって気持ちはわかるんだけどさ。
ごく少数の障害者がそういった生活をするために、大多数の人間や社会に犠牲を求めるのってナンセンスだと思いませんかね?

************

知的障害を持った人間も、体は健常者と対して変わらない。性欲などをはじめとした、日本ではタブー視される部分も十分に健常だったりする。
しかも、理性で抑える力が弱いので、結構危険な状態になることもある。
実際、障害者施設に勤務していた女性が入居者に性的乱暴をされかける(もしくはされた)という事件だって起こっている。あまり表にはされないが、そういった暗い側面も持っているんだ。

知的障害児(者)を無垢とか天使とか表現することはやめてくれ。それは、健常者との間に溝を生むだけであって、むしろ問題にしかならない。

支援センター銀河カレッジ施設長・梅田伊津子(63)も、今まで大変だったんだろう。なかなか自分達を理解してくれない健常者たちに「何で理解してくれない」という感情を持っていることもわからんでもない。


そのスタンスを取り続ける限り、永遠に障害者は理解できず、

知的障害者:何考えているかわからない。キモイ。かかわったらいきなり暴れそう。近寄らないで。
身体障害者:健常者側の善意があって始めて通常の社会生活が成り立つお荷物。社会が健常者のみを対象とした構成になったとたん、生活能力を失う。裕福な国だから生きていける存在。

こんな認識のされ方が続いていくことになるのだから。


このニュースは、障害者側がどのようなスタンスでいるのかをあらためて思い知ることになった。


P.S.
よくみりゃこの記事毎日変態新聞の記事か。ひょっとしたら捏造かもしれないね。
それに、
>別の便に乗って帰りました
ここ、別の便では注意されなかったの?それとも暴れなかったの?
明らかに記事の意図が明白(障害者にもっと理解を!)で、読んでて気分が悪いったらもう。


そんじゃね~



スポンサーサイト
  1. 2008/08/25(月) 23:00:03|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【煙たい】喫煙がなぜそこまで嫌われるのだろうか【くせえ】 | ホーム | 【もうさ】死ぬ死ぬ詐欺、おかわり!【いいかげんにしろよ】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://krousagi.blog103.fc2.com/tb.php/86-99e848df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロウサカウンター

カウンターを追加してみました

人数伸びないと、ウサギだからさびしくて死ぬかもしれんw

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Krousagi

Author:Krousagi
黒ウサギの部屋にようこそ!
時々毒っ気全開になるので、気分が悪くなったら、電源を切って外の空気を吸おう!

写真が皇帝ペンギンなのは、特に突っ込まないでくれ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。