黒ウサギのつぶやき

日常生活の中でふと思いついたことなどを中心に、できるだけ新鮮なうちに書き込んでいきます。 とはいえ、結構怠け者なので、かなーり間が開くかもです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【変態が】毎日新聞英字版まとめ【恫喝】

さて、もうこの話はもう一月近くたっているにもかかわらず、いまだに炎上しています。
これほどの炎上っぷりはなかなかないなぁと言う印象ですが、どういう経緯かよくわからないという人もいましたので、取り上げてみることにしました。


■そもそも、どんな話なのか?

5年以上前から毎日新聞の英語版サイト「WaiWai」にて配信されている英語記事が、あまりにも程度が低い、かつ日本の誤った認識を与えかねないもので、「誤解を与える内容を世界に配信し日本をおとしめた」「このような記事を英語で世界に発信した影響をどう考えるのか」といった類の批判が集中したため、毎日新聞は「WaiWai」を閉鎖、「今後このようなことがないよう体制を整え・・・」といった内容の謝罪を行いました。

関係者の処分も発表していたものの、休職や減給1ヶ月程度という非常に軽微なもの、更にデジタルメディア局長などは先日の人事で昇格までしている始末。日本を貶めるという真似をしでかしたにもかかわらず、処分が軽すぎると火に油を注ぎました。
さらには”今回の処分とは全く関係のない複数の女性記者、社員個人の人格を 著しく誹謗(ひぼう)・中傷する映像や書き込みが相次いでいる。毎日新聞はこうした名誉を棄損するなど明らかな違法行為に対しては、法的措置を取る方針でいる”という発表までして、火にガソリンを注いでいるという話になります。


■で、WaiWaiってなんなの?

毎日新聞英語版「WaiWai」とは、 ライアン・コネル (Ryann Connell)という方が、大衆誌『実話ナックルズ』、『週刊実話』、『週刊大衆』等、日本のタブロイド誌から「刺激的なエロ記事」ばかりを翻訳して紹介するという趣向のコーナーです。

■実際、どんな記事が掲載されていたの?

・日本人の母親は中学生の息子のためにフェラチオをする
・福岡の米祭りは、顔にベトベトの白い液体を塗るため、AV業界が「顔射」と呼ぶものによく似ている
・南京大虐殺の後継者の日本政府は、小児性愛者向けの漫画を使ってオタクを自衛隊にひきつけようとしている
・日本人の小学生は放課後売春婦として働く


※特にひどいものをあげているわけではありませんのでご注意を。

こちらに掲載記事がまとめられていますので、参照いただくと分かりやすいでしょう。

<毎日新聞英語版から過去に配信された記事 >(毎日新聞問題の情報集積wiki)
http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/pages/33.html


■何が問題でこれだけ騒ぎになっているの?

・記事について
大衆紙の記事をクリエイティブに翻訳して世界へ発信しているとされていますが、「六本木のあるレストランでは、日本人は食事の前にその材料となる動物と獣姦する」 というような、『実話ナックルズ』からの真偽不明なエロ記事、「日本軍は南京大虐殺の集団から、小児性愛家の軍隊に変貌した」 というような反日記事が、毎日新聞のサイトから毎日毎日大量に配信され、それを反日外人や中国人・韓国人が世界中のフォーラムに転載し、日本人に対する人種的偏見を増幅するための手助けとなっています。
また、一部元記事にはなかった内容が加えられているものもあり(引用元『サイゾー』に存在しないのに「パールハーバーと南京大虐殺の後継の日本政府」と翻訳し海外に報道したもの)、捏造の疑いももたれています。

・サイトについて
サイトのメタキーワードに「hentai(変態)」の文字が含まれていることが、有志の調査によって確認されています。

メタキーワードとは、表面上は表示されませんが内部的に存在している文字列で、GoogleやYahooといった検索サイトが巡回する際にメタキーワードとして登録された文字を渡し、そのキーワードでの検索率をアップさせる働きをしています。
”Hentai”は海外では18禁のアニメーションやゲームをさしています。良い意味では使われないですね。

その様なキーワードを組み込んでいる(皇室に関する記事にすら組み込まれていました)ことが発覚した上、一般的な会社の場合、メタキーワードは社内会議で決定される(どのような人にアクセスして欲しいかによってキーワードは変わるため)ものであるなどの理由から、会社ぐるみでの仕業との声が高くなってきました。

※このキーワードは現在削除されたようです。削除報告一切ナシですが。


・その他
WaiWaiの記事で取り上げられたとある漫画化が、直接毎日新聞社に講義と確認の連絡を入れたところ、「毎日新聞社全体の問題ではないのでブログに書くな」といった趣旨の対応をされています。言論弾圧だとの声が上がっていますね。

「日本の女性、ウォシュレットで性的刺激を覚える」といった内容で、英語版Wikipediaに毎日の英文記事を引用したと思われる記載が確認されています(ウォシュレットに関する記述ですね)。

毎日新聞はこの件に関し謝罪はしたものの、詳細を発表せず記事も削除するだけという、マスメディアとしてはありえない消火活動を展開しており、「自分が批判されればそれか」といった突込みを受けています。また、その他の新聞社もこの件には筆が重いようですね。似たようなことをしていないか確認しているのかもしれません。

WaiWaiの元締めデジタルメディア局の責任者が、6/25の人事で昇格しており、株に思想界でもそれが通過しています。毎日新聞社株主は、この件をさして重く受け止めていないようです。
参考までに・・・
朝比奈豊(デジタルメディア担当/常務)⇒ 社長就任
長谷川篤(デジタルメディア局長)     ⇒ 取締役就任

※2008/06/28に”ななしさん”よりいただいたコメントから
北村 正任(毎日新聞社代表取締役社長)  ⇒(社)日本新聞協会会長/日本新聞教育文化財団理事

ちなみに、この人事発表直前の毎日新聞社のコメントは、
「Mainichi Daily Newsならびに発行元の毎日新聞社は、今回の読者の皆さまのご意見を真摯に受け止め、今後信頼される情報の編集、掲載に努めてまいります」と述べているほか、「監督責任者であるデジタルメディア局長、同コーナーの担当部長、担当編集者を厳重に処分します」といった内容です。

この件は、毎日新聞社にとっては昇格に値するものであったようです。
ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/3697760/(Livedoorニュース)

なお、最終的に決定した処分は、
・コラムを担当していた英文毎日編集部記者を懲戒休職3カ月
・監督責任を問い高橋弘司英文毎日編集部長を役職停止2カ月
・当時のデジタルメディア局次長の磯野彰彦デジタルメディア局長を役職停止1カ月の懲戒処分
・当時のデジタルメディア局長の長谷川篤取締役デジタルメディア担当が役員報酬の20%返上(1カ月)
・当時の常務デジタルメディア担当の朝比奈豊社長が役員報酬10%返上(1カ月)

誰一人責任を取って職を辞さない、”役員報酬”の10%といった、影響から見ると甘すぎる処分に批判が上がっています。

「不買運動をしよう!」と抗議の意思を不買運動として示すような発言もありましたが、「もともと毎日なんざとってねーよ」というコメントが多く、あまり効果を挙げていないようです。


■どこを見れば、この件を理解しやすい?

ニュースサイトであれば、J-Castでしょうか。非常に分かりやすくまとめています。
 毎日新聞英語版サイト 「変態ニュース」を世界発信(J-Cast)
 http://www.j-cast.com/2008/06/20022225.html

まとめサイトもありますので、そちらもどうぞ。
 毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki
 http://www9.atwiki.jp/mainichiwaiwai/pages/1.html

 毎日新聞問題の情報集積wiki
 http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/


■で、黒ウサギはこの件どう思っているの?

最近のマスメディアはろくなことしないなというのが正直な感想です。

何故、3流タブロイド氏の、ソースすらはっきりしないような記事をわざわざ翻訳して世界に発信しなければならないのでしょうか?

毎日新聞といえば、カテゴリ上は一流新聞にカウントされる新聞社です。その肩書きで、このような低俗な記事を世界に発信している。それによる影響・リスクの認識が十分にできていない。
最近アメリカが児童ポルノに関してやたら厳しく日本に注文をつけてくるようになりましたが。ひょっとするとWaiWaiの記事を鵜呑みにした議員がいるのかもしれません。
(日本の議員みたいな”情報鵜呑み”はしない!とはとても思えませんので)

Webは一瞬で世界を駆け巡るツールです。紙や映像とは異なり、非常に広範囲に多くの情報を発信できる。「読者の皆様の信頼を損ない、誠に申し訳ありませんでした。今回の問題を真摯(しんし)に反省し、信頼されるウェブサイトの編集、制作に全力を挙げます」なんていうような人間を責任者にすえていた毎日新聞の構造には問題があるといわねばなりません。

5年にも渡り低俗記事をそのまま載せていてこんなコメント。こいつら突っ込まれなければ今後も掲載していたでしょう。つまり、ジャーナリストとしての、編集者としての、そして管理者としてのモラルが著しく欠如しているのです。
そんな人間が今では取締役ですか。本当に取り締まれんの?長谷川。

毎日新聞には、謝罪や記事・サイトの削除だけでなく、このようなサイトを持つに至った経緯を初めとした詳細を公開し、日本の誤った情報を世界に発信し続けた責任を取るということを、行動で示していただきたいものです。


今日はなんかきれいにまとめちゃいましたが、この件のまとめが目的だったのでこの辺で。
そんじゃね~


**オマケ**
ネット上で見つけたうまい風刺

毎日「日本人の母親は中学生の息子のためにフェラチオをする。」
市民「では毎日新聞社員の皆さんも中学時代ママにフェラチオしてもらってたんですね?」
毎日「名誉毀損です。訴えます。」

毎日「24時間オルガズムが止まらない病気で苦しむ日本人女性の数が増えている」
市民「では24時間オルガズムが止まらない病気で苦しむ毎日新聞女性社員も増えているんですね?」
毎日「名誉毀損です。訴えます。」

毎日「日本男子は柔道や空手の部活で男相手に童貞を捨てている。」
市民「では毎日新聞社員の皆さんも柔道や空手の部活で童貞捨てたんですね?」
毎日「名誉毀損です。訴えます。」

毎日「日本人女性の55%は、出会ったその日に男と寝る。」
市民「では毎日新聞の女性社員の55%は出会ったその日に男と寝るのですね?」
毎日「名誉毀損です。訴えます。」

毎日「日本人主婦は皆コインランドリーに附属のコインシャワーで売春している」
市民「では毎日新聞社員の妻は皆コインシャワーで売春しているんですね?」
毎日「名誉毀損です。訴えます。」

今毎日がやっていることは、こういうことなのねwしかしうまいよなぁ・・・

**オマケ2**
 毎日新聞や、スポンサーにこの件で電話を掛けている人が結構いるようです。その結果が下のような感じでまとまってます。こちらは”毎日新聞問題の情報集積wiki”(http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/pages/1.html)で随時更新されてますので、良かったらどうぞ。

現在凸してる機関、企業まとめ
◎◎:問い合わせ中&広告取り下げなどの具体的行動
◎:問い合わせ中&問題視していると回答
〇:問い合わせ中&中立の立場
△:結果待ち(3日以内に回答なければ×)
×:知らぬ存ぜぬ、無回答
××:容認
※:その他


JCB(バナー取下げ) → ◎◎
住友金属鉱山(厳重な抗議) → ◎◎
日産(メディアに申入れ、条件付広告取下げ等) → ◎◎
ANA(6/23午前中契約打ち切り、広告の掲出を差し止め) → ◎◎
日本ヒューレット・パッカード(広告配信停止) → ◎◎
アウベルクラフト → ◎◎
キリン(今後広告掲載予定なし) → ◎◎


東海新報 → ◎ 日本看護協会 → ◎
産経新聞 → ◎ プレジデント社 → ◎
サッポロ → ◎ セブンイレブン → ◎ 
セゾンファンデックス → ◎ TOTO → ◎
沖縄タイムス社 → ◎


神社本庁→ ○ 山田養蜂場 → ○
白十字 → 〇  DoCoMoiチャネル → ○ 
山本海苔店 → 〇  三連水車の里あさくら → ○
福岡県庁 → ○ 京都府 → ○
福岡県朝倉市 → ○ Microsoft(Xbox) → ○ 
キングジム → ○ ペンタックス → ○ 
ジャパンネット銀行 → ○ 
小林製薬 → ○ 宮内庁 → ○


総務省 → △  内閣府男女共同参画局 → △ 
外務省 → △  福岡県 総務部 県民情報広報課 → △
モーションブルーヨコハマ → △ 静岡新聞 → △
日弁連 → △  講談社インターナショナル → △
中日新聞 → △ ケンタッキーフライドチキン → △
文部科学省→ △ 六本木商店街振興組合 → △
経済産業省→ △ ブルーノート東京 → △
岩手県奥州市 → △ モスバーガー → △
国家公安委員会→ △ 早稲田大学 → △ 
キッコーマン → △ イオン → △
オエノングループ → △ 日テレ → △
JAL → △ 日本HP → △ 
プジョー → △ ソニー損保 → △ 
河合塾 → △ オリックス・クレジット → △ 
ハウス食品 → △ 外為どっとコム → △ 


読売新聞 → ×  クラブツーリズム → × 
週刊女性(主婦と生活社) → ×
トヨタ → × 万有製薬(AGA) → ×
TBS → ×  日本ユニセフ協会 → ×
任天堂 → ×  防衛省 → ×
au  → ×  日本新聞協会 → ×


大塚製薬 → ×× サントリー → ××
マクドナルド → ××  am/pmジャパン → ××
Mozilla Japan → ××


たかじんのそこまで言って委員会 → ※ (金曜日収録・日曜日放映の番組なので、3日以内に回答が来ることはない。)

(2008.6.27 15:20)




2008/06/29 追記

6/27の毎日.jpの記事に、以下の記述がある。

毎日新聞は今回の対応が妥当だったか、社外の有識者でつくる第三者機関「『開かれた新聞』委員会」に見解を求めることにしている。

しかし、ここに掲載されているメールアドレスはmainichi.co.jp、ファックス番号に至っては毎日新聞大阪本社「みんなの広場」係のものであった。
この会社が本気でこの問題をどうにかしようという意識がない、とみなしますがどうですかね?w

■毎日新聞社:「WaiWai」問題で処分
http://mainichi.jp/info/etc/20080627.html

ちなみに同じく毎日.jpのこの記事を見てもらえばわかるように、この委員会には毎日の関係者が座談会などに顔を出している。

■特集:「開かれた新聞」委員会・座談会(その2止) 事件報道は冷静な目で
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20080607ddm010040101000c.html

この座談会に出席していた主な面々は
朝比奈豊主筆▽菊池哲郎取締役▽伊藤芳明東京本社編集局長▽倉重篤郎同編集局次長▽河野俊史同編集局次長▽磯野彰彦同デジタルメディア局次長▽小松浩政治部長▽逸見義行経済部長▽小川一社会部長▽広田勝己地方部長▽渡部聡写真部長▽吉田弘之外信部長▽岩松城西部本社報道部長▽冠木雅夫「開かれた新聞」委員会事務局長といったところ。

何だよ、ぜんぜん外部機関じゃないじゃん。話にならねぇ。

”在日新聞”でぐぐると、”もしかして毎日新聞”とか出てくるけど、言いえて妙だね。変態在日新聞。その対応方法も日本人を軽侮するものでした、と。
スポンサーサイト
  1. 2008/06/28(土) 16:09:21|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2
<<【隣国】正直こういう連中だとは【ヤバイ】 | ホーム | 【全部】大聖堂落書きコレクション【晒す】>>

コメント

これも加えてください

社長は会長に昇格で全くお咎め無しですよ
ちなみに新聞協会会長です
  1. 2008/06/28(土) 17:01:50 |
  2. URL |
  3. ななしさん #RIRvZdG2
  4. [ 編集]

>ななしさん さん

コメント&情報ありがとうございます。
これは驚きですね!しかも財団法人 日本新聞教育文化財団理事もされています。
普通の神経をしているなら、これだけ大事になったのであれば、相応の責任を取るものですが、あくまでも”一部所の暴走”として落としたいと考えているのでしょうね。

普段人をさんざ批判している毎日新聞が、自分たちへの批判をどう処理するのか、興味津々です。

  1. 2008/06/28(土) 21:48:50 |
  2. URL |
  3. 黒ウサギ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://krousagi.blog103.fc2.com/tb.php/79-6336d909
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本HP、「HP 2133 Mini-Note PC」の販売を本日再開

日本HP、ミニノート「HP 2133 Mini-Note PC」の販売再開を7月下旬に延期 ミニノートへの注目が高まるなかで、日本ヒューレット・パッカードのダイレクトショップ「HP Directplus」で発売されるなり即完売となってしまった「HP 2133 Mini-Note PC」。ほかの画像と動画  ?...
  1. 2008/07/25(金) 22:17:34 |
  2. Newsブログ検索結果BLOG

クロウサカウンター

カウンターを追加してみました

人数伸びないと、ウサギだからさびしくて死ぬかもしれんw

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

Krousagi

Author:Krousagi
黒ウサギの部屋にようこそ!
時々毒っ気全開になるので、気分が悪くなったら、電源を切って外の空気を吸おう!

写真が皇帝ペンギンなのは、特に突っ込まないでくれ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。