黒ウサギのつぶやき

日常生活の中でふと思いついたことなどを中心に、できるだけ新鮮なうちに書き込んでいきます。 とはいえ、結構怠け者なので、かなーり間が開くかもです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【だめだ】 お友達でなくなった台湾 【こいつ何とかしないと】

地震予報ってすごいね。今朝NHKで地震予報が表示されて、「もう余り時間がありません」とか言い出してから30秒ほどたつと・・・

お!揺れてるよ!ちゃんと揺れてるよ!

まぁ、ここは予報の対象外エリアな上、一番揺れたところは予報が出た直後にたて揺れきてたらしいので、どこまで本当に来たときが心配だけどね。
なんにせよ日本は地震大国。最低3日生き残れるぐらいのものは備蓄しとこう。後、大震災時は火事場泥棒が出るから、可能なら避難所に非難せず、家財をまもってょうがいいとも言うね。
あ、女性はレイプされる危険があるんで、必ず集団で行動しよう。某キムチの人々には要注意だ。レイプお家芸だし。

さて本題。台湾総統がかわり、親中路線になっているわけなんだけど、先日の尖閣諸島の漁船衝突でえらいこといいだしたのは記憶に新しいと思う。
ちょっとそのニュースを引っ張ってこよう

■尖閣諸島事故:「開戦も排除しない」 議会答弁で台湾首相(毎日.jp)
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20080614k0000m030055000c.html

【台北・庄司哲也】沖縄県石垣市の尖閣諸島・魚釣島(台湾名・釣魚台)付近の日本領海で10日、台湾の遊漁船が日本の巡視船と接触し沈没した事故をめぐり、台湾の劉兆玄・行政院長(首相)は13日、日台間の領有権争いに関する議会答弁で「最後の手段として開戦も排除しない」と発言した。

 立法院(国会)は12日、尖閣諸島周辺への軍艦派遣の要請書を国防部(国防省)に提出した。台湾で対日抗議の声が高まっており、馬英九総統も尖閣諸島の領有権問題で強い姿勢を示さざるを得ない。

 台湾では05年6月にも日本の漁業取り締まりの強化に抗議し、フリゲート艦を「視察」名目で派遣している。


あーあ、国のトップがいきなり最後の切り札見せちゃってるよ

2年ほど前までは「立派だと思う国」「旅行したい国」「移民したい国」で、日本1位だったというのにえらい変わりようだよね。さすが親中馬英九。まぁ、後ろで中国が糸ひいているのみえみえなんだけどね。

尖閣諸島は日本の領土です。沖縄を”琉球”と表記して「自国領だ!」とか言ってもいるようだが、
「声を大にして言い続ければいつかそれが真実になる」っていう韓国人ですか、あんたらはw

とりあえず沖縄は置いておいて、尖閣諸島に戻ろう。尖閣諸島の領有権に関する考え方はこんな感じだ。

■尖閣諸島の領有権についての基本見解(外務省)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/senkaku/index.html

尖閣諸島は、1885年以降政府が沖縄県当局を通ずる等の方法により再三にわたり現地調査を行ない、単にこれが無人島であるのみならず、清国の支配が及んでいる痕跡がないことを慎重確認の上、1895年1月14日に現地に標杭を建設する旨の閣議決定を行なって正式にわが国の領土に編入することとしたものです。

 同諸島は爾来歴史的に一貫してわが国の領土たる南西諸島の一部を構成しており、1895年5月発効の下関条約第2条に基づきわが国が清国より割譲を受けた台湾及び澎湖諸島には含まれていません。 

 従って、サン・フランシスコ平和条約においても、尖閣諸島は、同条約第2条に基づきわが国が放棄した領土のうちには含まれず、第3条に基づき南西諸島の一部としてアメリカ合衆国の施政下に置かれ、1971年6月17日署名の琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定(沖縄返還協定)によりわが国に施政権が返還された地域の中に含まれています

 以上の事実は、わが国の領土としての尖閣諸島の地位を何よりも明瞭に示すものです。

 なお、中国が尖閣諸島を台湾の一部と考えていなかったことは、サン・フランシスコ平和条約第3条に基づき米国の施政下に置かれた地域に同諸島が含まれている事実に対し従来何等異議を唱えなかったことからも明らかであり、中華人民共和国政府の場合も台湾当局の場合も1970年後半東シナ海大陸棚の石油開発の動きが表面化するに及びはじめて尖閣諸島の領有権を問題とするに至ったものです

 また、従来中華人民共和国政府及び台湾当局がいわゆる歴史的、地理的ないし地質的根拠等として挙げている諸点はいずれも尖閣諸島に対する中国の領有権の主張を裏付けるに足る国際法上有効な論拠とはいえません




ああ、石油がほしいからごねてるわけね馬英九。なんてことはない、歴史的ににとかそういうのじゃないんだ。
実際に戦うのは台湾の軍隊だけでなく、バックの中国も来るだろうね。一気に占領して自国領にでもするつもりか?この盗賊が。

憲法9条反対派ではないけれど、こいつのおかげで日本は三国連中になめられまくっているね。
実際に戦争が起こったら"自分たちは殺されても抵抗しません"なんていいだすバカもいるみたいだし、一度極東は行き着くところまで行かないといけないのかなぁ。
(この考え方する人、本当に人として信じられません。目の前で家族が強姦されようと殺されようと無抵抗ということだそうですから。無抵抗にもほどがある)

日本政府がこの件に関してどれだけまともな対応ができるか不安で仕方がない。
今、『民主党が政権をとると日本は中国人であふれる。だが、このまま自民党が政権をとり続けると日本は中国になる』なんていわれている。
国政を安心して任せられる政党がないって、どこまで腐ってるんだ日本の政治。

台湾の皆様。尖閣諸島は日本の領土です。沖縄も同様です。
妄想で言いがかりをつけるなら、かってやるよ、その戦争。

ほんと、日本に隣接する国はろくな国がないね。

それじゃ、また~

スポンサーサイト
  1. 2008/06/14(土) 09:31:10|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【求む】ばけたん2でチェックしまくり【霊能者】 | ホーム | 【ソンナ理由ジャ】 秋葉原通り魔事件 【殺サレテヤレナイ】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://krousagi.blog103.fc2.com/tb.php/71-11b3ac45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロウサカウンター

カウンターを追加してみました

人数伸びないと、ウサギだからさびしくて死ぬかもしれんw

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

Krousagi

Author:Krousagi
黒ウサギの部屋にようこそ!
時々毒っ気全開になるので、気分が悪くなったら、電源を切って外の空気を吸おう!

写真が皇帝ペンギンなのは、特に突っ込まないでくれ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。