黒ウサギのつぶやき

日常生活の中でふと思いついたことなどを中心に、できるだけ新鮮なうちに書き込んでいきます。 とはいえ、結構怠け者なので、かなーり間が開くかもです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【今そこにある】 FREE TIBET! 【民族浄化】

ここ数日、中国による、チベットへの人権弾圧問題が国内マスメディアではあまり取り上げられる事が少なくなってきた。

日本の主だった人権団体は沈黙を守り(一部イラン問題などでデモを行っているようだが)、いかに中国資本が日本に強い影響力を持っているかを物語っている。

TBS、テレビ朝日などはこの傾向が顕著なようで、ニュースで取り上げることもまれだし、取り上げられてもほんの一瞬。しかもごく限られた情報を示威的に選別しており、ミスリードさせようとする感じがちらほら。

正直、日本のマスメディアは今回の件では完全に中国よりだと考えている。これはNHKにしても同様だ。
チベット僧たちがああいった行動を起こすにいたった背景としては、以下のようなものがあると考えている。

・長く続いた中国の抑圧と、資本が流入してきたものの、それは漢民族(と、一部漢民族に同調するチベット民族)のみに富を与えており、チベット民族には全くといっていいほどメリットが存在していないこと。

・中国の思想では宗教を否定する傾向があるため、チベット仏教を軽視し、それがチベット人との間で摩擦を生んでいること。

・漢民族によるチベット人への差別的待遇。

これらの積み重ねがついに噴出しだした、というところだろうか。

これらに対し中国当局は「根も葉もないデマ」と発表したうえ、「ダライ・ラマがこの暴動を扇動している」とさえいっている。
もちろん、それを証明する物的証拠は何も提示していない。
毒餃子問題の際もそうだったが「自分は悪くない。相手が自分を悪く言っているだけだ」といったスタンスで、非常に攻撃的に噛み付いてくるという反応が、中国の特徴だろう。
そのくせ、物証を提示しないので、発言には説得力が全くなく、言ってしまえば子供が「俺んちには実はテレビが10台あるんだぜー」といっているかのような、「みえみえの嘘」といった雰囲気をかもし出している。

EU諸国で首脳陣オリンピック開会式ボイコットの発表をする国も増えてきているし、一部の聖火リレー選手にも不参加の意思を表明するものが増えてきた。
オリンピックと政治を同列に扱うことはあまりよろしくないことではあるが、明確な意思表示のひとつとしては非常に効果が高いだろう。

まぁ、日本の政治屋はだめだな。まず参加するだろう。

この件で福田首相はネット上ではあるものの相当評判を落としている。実際、現状の支持率も、とうとう30%をきったようだ。
従来から政府支持率など低いと相場が決まっているが、この低さは正直情けないと感じるし、なぜここまで低下したかどうもわかっていなさそうである辺りが涙を誘う。

とはいえ、民主党に政権を取らせようものなら、日本は中国人・韓国人が大量流入して手が付けられなくなる可能性が高いからそれも困るのだが。
ガソリン税の件でもそうだったが、まともな対案も出せずに反対するだけの党に、自民党を上回る政治運用ができるのか?
といわれると期待などできないと思うし、そんな党に政権をとられるぐらいなら、まだ自民党でいいだろうと感じる。

支持する政党がない、という意見が多い影には、「結局どの党になっても変わらないでしょ?」という意見がたぶんに含まれている・・・んじゃないかなぁ。推測だけど。

少し前のブログでも書いたけれど、今は個人の意見を発信しやすいようになっているし、発信された意見を他の人間が反論したり、取り上げたりしやすい環境になっている。
中国と違い、国の検閲がないというメリットによるものであるが、これにより、公人・公共機関がどれだけ我々を「軽く見た」言動をとっていたかが最近ピックアップされてきている。

団塊の世代や、ネットワーク環境へアクセスするすべを持たない人間などは、テレビや新聞・雑誌といった既存のメディアによる情報収集しか手段を持たないため、妄信せざるを得ない。
逆に、このブログに眼を通しているような方は、自身のスキルにもよるが、情報を収拾する手段を持っているため、ひとつの事柄に対するさまざまな見方を比べ、自分の考えに近いものをとることができる。

たとえば捏造性が高いといわれている南京大虐殺や従軍慰安婦問題。
このあたりは、国内では朝日新聞(まぁ、ここが火をつけたためでもあるが)と、一部の中国より人権団体が盛んに声を上げているわけだが、これを鵜呑みにする人は今どれぐらいいるのだろうか?
慰安婦として強制連行されたという女性の証言が二転三転していたり、軍による強制連行を示す証拠が存在していなかったり、むしろ民間による非人道的な扱いを軍が戒め、規律を作り、衛生面でも待遇面でも非常に厚遇していたという資料が出てくる始末。
民衆がそういっているからと頭を下げる馬鹿な政治屋や、十分な検証もせずに事実と認める海外の無能な議員など、人の上に立つには知能など必要ないのではないかと思われるほどの痴態を見せてくれた。
(このあたりは、現在では詳細に検証した書籍などが手に入ると思うので、自身で確認してみてほしい)

誰かを批判する際には、明確な証拠が必要であり、感情に訴えかけるなど本来はあってはならない。
人権派左翼団体はそのような性質の訴えが多いため、生理的に受け付けられない。
理論的ではないのだ。すべて感情に訴えようとする。
おもちゃ売り場の前で駄々をこねている子供。それに等しい。
話を戻そう。
ようやく一般にも公開されたチベットの状況だが、まさかこれを実際の姿と思うような輩はなかなかいないだろう。
今まで何を言っても取材を断って北中国が一転して取材を受け付けた。その影には「ぼろを出さない準備ができた」ということちょ見取った方がいい。
記者会見の際に「これはすべて作り物だ。チベット自由はない!」と訴えた僧は、拘束されることを覚悟していたという。
この時点で拘束されるということは、かなり高い確率で死ぬということだ。それだけの覚悟を、我々は受け止めることができるのだろうか。

自国が正直おかしくなりかけているときに、他国に気を使っている余裕はないかもしれない。
しかし、比較的近隣の国で人権を無視した行為が行われていること。
これを無視することは、今後自分が人権に対してとやかく言うことをできなくする行為ではないかと思う。

だから、言っておこう。
・チベットで起こっていることに、もっと関心を持ってください。
・テレビ、新聞といった既成のマスコミの言うことだけを盲信せず、ネットワーク上で叫ばれていることにも耳を傾けてください。
・マスコミに関係する人々は、もう、自分たちが民衆をリードする存在ではないということを自覚してください。
 そして、ジャーナリズムの本質を再確認し、事実をそのまま、不自然に改変することなく報道してください。


FREE TIBET!

この件は、以下のサイトで現在進行形で語られている。
興味を持ったのであれば、ぜひ参照してみてほしい。

■チベット大虐殺 まとめWiki
http://www8.atwiki.jp/tibet/




スポンサーサイト
  1. 2008/03/29(土) 17:00:24|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【あれ?】ここのところ何してたのか【いたの?】 | ホーム | 【GPS!】GPSロガーを買ってみた【GPS!】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://krousagi.blog103.fc2.com/tb.php/56-8cd1e95f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロウサカウンター

カウンターを追加してみました

人数伸びないと、ウサギだからさびしくて死ぬかもしれんw

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Krousagi

Author:Krousagi
黒ウサギの部屋にようこそ!
時々毒っ気全開になるので、気分が悪くなったら、電源を切って外の空気を吸おう!

写真が皇帝ペンギンなのは、特に突っ込まないでくれ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。