黒ウサギのつぶやき

日常生活の中でふと思いついたことなどを中心に、できるだけ新鮮なうちに書き込んでいきます。 とはいえ、結構怠け者なので、かなーり間が開くかもです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【永遠にも感じる】沖縄旅行まとめ 4日目

出張から帰ってきたので、ようやくブログを書く時間ができたw

oki_ryokou4day003


沖縄旅行4日目

沖縄旅行も4日目。のんべんだらりと過ごせるのも今日まで。明日は東京に帰らなければならない。
とはいえ、4日もここにいると、さすがにやることは尽きてしまっており、本当に何したものかなという感じになる。

とりあえず、ここに来てからまともに行った事のない西桟橋へ行ってみる。
朝のうちであれば観光客もさほど多くなく、のんびりできるかなとふんでのことだ。

oki_ryokou4day001
案の定人のいない桟橋。
oki_ryokou4day002
実は結構ここは魚の多いポイント。すぐ深くなるけど、桟橋だから波も立っていなくていい感じ。

確かに人は少なく、桟橋上には誰もいなかった。桟橋の突端まで歩いて風に吹かれていると、向こうの方からなんかやってきた。
(;・д・)<犬だ!しかも鎖につながれていない!
黒ウサギは犬と躾のなっていない子供(含でかい子供)が死ぬほど大嫌い。
しかし、ここは桟橋の突端で逃げ場が無い。
犬はざばざばと犬掻きをしながらこちらへ泳いでくる。飼い主のおじさんも一緒に走ってくる。

ザバーーー

(;・д・)<うわぁぁぁぁ、こっちによってきたぁぁぁぁ!

よーく見ると、今泊まっている宿で飼っている犬のようで、とても人懐こく、こちらにバンバン甘えてくる。
しかし、結構な巨体なので、犬嫌いの私にはかなり堪えた。
おじさんも犬もとても温和なので、さすがに逃げはしなかったけどね・・・。

桟橋を離れたら、今どは港のそばにあるゆがふ館へ。
ここには島に来るたびにアクセサリーを買っている”南潮庵”の店主が10年分の作品を展示している。初の個展だとか。
早速作品を見に展示コーナーへ(展示コーナーは撮影禁止のため、画像なし)。
1998年から2007年までこの島に流れ着く漂着物などを利用したさまざまな作品。
彫刻から絵画、パネルにさまざまな漂着物を貼り付けたものなど・・・。
去年来たときに見せてもらった作品も目に留まったが、それはほんの一部で、実にたくさんの作品を製作していたのだということにはじめて気がついた。

続けてその足で南潮庵へ。
oki_ryokou4day004

oki_ryokou4day005

oki_ryokou4day008
南潮庵到着
oki_ryokou4day007

oki_ryokou4day006


去年、おととしと流木をつかったネックレスを購入していたので、今年はブレスレットを2種買ってみる。
このお店の作品は、どれもぬくもりを感じて、いつも何を買ったものか悩んでしまう。
店主との雑談で、店主が豊島区生まれという話や、妻と通学関係の話が結構弾むことを発見。
久しぶりにのんびりした買い物。また来年も新作を買いに来たいものだ。

あとで撮った写真だけど、こんな感じ
oki_ryokou4day022

oki_ryokou4day023

oki_ryokou4day024


石垣島の市場のところにも、同じような流木を使ったアクセサリーのお店があるんだけど、ほとんど加工しない状態で作るので、つけられるシーンが限られてしまう。それになんか色使いがけばかった。
後、店主兼デザイナーみたいなのが、妙に他人の作ったアクセにけちつけるのも気に入らなかった記憶が。

東京に戻っても装着しやすい南潮庵のデザインが個人的に大ヒット。
店主も気さくでのんびりした感じの人なので、ついつい島に来るたびに足を運んでしまう。
石垣島で流木アクセ買うぐらいなら、船ですぐそこなんだから、ここまで来ることを薦めるね。


ちなみに最近は島外の人間が土地を買い、民宿を作ろうとする動きが結構あるらしく、島民の反発を呼んでいるらしい。やってくる観光客の質の低下も問題らしく、頭の痛い問題がこの島にもあるようだ。

昼食のあとはあちこちふらふらした後にコンドイビーチとカイジ浜の中間あたりで日陰を見つけ、そこにシートを敷いてのんびりする。

oki_ryokou4day009
党内の道は砂浜の砂をまいており、このように常に真っ白。日焼け率UPだ!
oki_ryokou4day010
火の見櫓への階段。島内でもかなり高さのあるところ。
oki_ryokou4day011
火の見櫓からの眺め。ずっと遠くまで見渡せる上に、風も気持ちがいい。
oki_ryokou4day013
いつも休む広場。ちなみにこの建物は公衆トイレだ。
oki_ryokou4day014

oki_ryokou4day015
ちょっとづつ視点を右へ。ちなみに火の見櫓はこの広場に隣接している。
oki_ryokou4day016

oki_ryokou4day017

oki_ryokou4day018
アイヤルのほうへもいこうとするが、結構観光客が入り込んでいるようで断念。
途中で道を折れて御獄の前で一休み。さすがに中に入るような罰当たりはしない。
oki_ryokou4day019

日の暮れはじめた牧場。人の気配と、日中の熱さがだんだん引いていく。
oki_ryokou4day020
日没を待っていた浜辺から。雲の向こうから輝く光の筋が美しい。


だんだん日が暮れて、潮が満ちてくるのを感じながら、何もしない。何も考えない。そんな時間を持つ。
んーーー。リラックス。

とはいえ、雑念も発生してしまい、ヤドカリを蟹の穴にどんどん入れてみるとか(最高で7個入った)同じぐらいのサイズのヤドカリを一箇所にあつめ、貝の取り合いを発生させてみるとか、ヤドカリがらみのいたずらをバンバンやってみた。
ふーーー。リラックス。

夕飯後にはカイジ浜まで日の入りを見に行く。みんな西桟橋に行くけど、人が少ないカイジ浜のほうがムードがあってよいのだよ。
桟橋はゴミのように人がいるから、はっきり言って、鬱陶しい。

とはいえ、今日も日が沈む直前に水平線に雲が発生して日の入りは見えず。
去年はほぼ毎日見えたのに、今年は1回も見えず。気象関係の問題なのかなぁ。

そして宿へ。今日は部屋が変わって、少しお値段の高い”ゆうな”へ。今度は洋室ダブルベッドー(最終日だけ和室が開いてなかったので、今日だけ部屋が変わる)
”ゆうなのにっき”なんていう、一部の人が猛烈に反応しそうなノートも置かれている。

oki_ryokou4day021
”クロウサギは「ゆうなのにっき」をてにいれた!”

さぁ、あすは東京へ帰る日。半日ぐらいしか遊べないけど、竹富島を満喫しよう。
台風11号が発生していて、無事に帰れるかがとても心配だがw

■おまけ:夜のカイジ浜猫ギャラリー■
oki_ryokou4day025

oki_ryokou4day026

oki_ryokou4day027

oki_ryokou4day028

oki_ryokou4day029

oki_ryokou4day030
ビニール袋をがさがさとやると、猛烈な勢いであつまってくるよ!

スポンサーサイト
  1. 2007/09/29(土) 22:15:33|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【台風フラグが立った】沖縄旅行まとめ 5日目 | ホーム | 【折り返し地点】沖縄旅行まとめ 3日目>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://krousagi.blog103.fc2.com/tb.php/31-2898f248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロウサカウンター

カウンターを追加してみました

人数伸びないと、ウサギだからさびしくて死ぬかもしれんw

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

Krousagi

Author:Krousagi
黒ウサギの部屋にようこそ!
時々毒っ気全開になるので、気分が悪くなったら、電源を切って外の空気を吸おう!

写真が皇帝ペンギンなのは、特に突っ込まないでくれ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。