黒ウサギのつぶやき

日常生活の中でふと思いついたことなどを中心に、できるだけ新鮮なうちに書き込んでいきます。 とはいえ、結構怠け者なので、かなーり間が開くかもです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【そんな目で】ガンプラ作ろうぜ!③【見ないでくれ!】

■これまでのあらすじ

押入れに眠っていたガンプラを作り始めた黒ウサギ。
「俺って結構うまいかも」などという勘違いを先達達のブログで見事に粉砕されたものの、
精神的ドMの彼はさしてこたえることもなく組み立てを開始する。
脚部組み立てで歯を使うという荒業をかまして何とか組み立てを続ける彼であったが、
彼の指摘する「説明書の分かりにくい部分」が、
彼以外の人間にはしっかり伝わっていることを彼はまだ知らない。

前回:http://krousagi.blog103.fc2.com/blog-entry-139.html



ということで、予想以上に長引きそうなガンプラコーナーですが、一応もう組みあがっているので、あとは書くだけなんですね。ということでこの回はいよいよ頭部組み立てがあります。
黒ウサギが苦労して塗ったデュアルセンサーとかはどんな感じになるんでしょうか。

ここでいつものお約束を。

黒ウサギはプラモ作りは素人です。
これから作るプラモは5年も寝かせている上に、製作自体20年ぶり。しかもまともにくみ上げられた記憶は皆無に等しいです。
(調べてみたら100/1νガンダムが珍しくまともに組み上げられていたようです(ただし非塗装))

プラモ製作のための参考にしようとしている方は、即刻もとのサイトへ戻ることをオススメします。何も得るものはないです(多分)。
ハラハラしながらガンダムがどうなっちゃうの?と不安な方や、どのぐらいまでなら我慢することができるのかという自分のボーだをさがしている方は引き続きご覧ください。

この回、黒ウサギは今までにも増して変態発言をしています。
変態がお嫌いな方も、元のサイトにお戻りください。技術的にはなんら得るものはないですよ。

今回作ったプラモデル。
kyuuhukin05
MG 1/100 ガンダム2号機 Ver1.5 RX-78



■組み立て(頭部)

きた!頭部!きた!

ここがおかしいとガンダム自体がもう目も当てられなくなる頭部。人形は顔が命。
先日必死に色塗りをしたデュアルセンサー部はどうなるのか・・・?

head001
頭部を構成するパーツ。デュアルセンサー部には、先に赤い部分(口とか目の下あたり)をくっつけています。
アンテナの先端はなんか丸っこいのが付いていた刺さりにくくなってるのね。昔のプラモにはなかった配慮だ。

じゃ、組み立てよう!

・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・
・・・

head002
うおおおおおおおおおおーーーーーーーー!
なんか、それっぽい!ガンダムっぽいよ!
細かいところを見ると隙間あいてたりとか左右のセンサーの大きさ微妙に違うとかあるけど、とりあえずその辺はもう無視していい!

ガンダムだ!俺のガンダムだ!

もうこれだけでご飯三杯行ける!20年前の俺にいってやりたい!
「お前シャア専用ガンダムなんかもう15年もすればキットとして出るんだから、そんな小豆色で塗ったくって失敗したことを気に病まないでもっと作れ。そこであきらめるな!」と。

よ、よし!このテンションで残りも作ろう!
つぎは・・・



■組み立て(胸部)

ハァ・・・ハァ・・・スゥ・・・ハァ・・・

落ち着いてられっか!


ガン・ブラ(ガンダムの胸部青い部分を指す・・・らしい)だよガン・ブラ!
ガンダム大好きっ子にとっては、美人お姉さんの生乳と同等の価値があるガン・ブラ!
またこのパーツを作ることができるなんて・・・!
それも昔のと違ってなんか細かいじゃないか!

・・・たまらん!

だがここは慌てず精神を落ち着けて・・・深呼吸・・・。

よし!行くぞ!

body001
ガン・ブラの胸部排気ダクトはこんな感じ。1パーツじゃなくてダクトの羽根がそれぞれ独立しており、稼動する。

body002
組み込むとこんな感じ。
はめ込むときに羽根を少し畳気味+中央寄せ意味にしておかないと、枠に引っかかるので注意。
羽根の調整はマイナスどドライバーなんかがやりやすかったかな。

body03
Aパーツ背面部の組み立て。中にこんなパーツが入るけど、出来上がったら外からじゃ見れないという寂しい部分でもある。
だが、そこがいい。

body004
Aパーツ前面を装着。中央のパーツは上に向かって開く。コックピットを見せる場合なんかに使うんやね。
排気ダクトの枠とガン・マフラー(襟のところ)を装着。マフラーの黄色が他と違うのは、墨入れ失敗してガンダムイエローを重ね塗りしたせい。
明らかに排気ダクトと色が違う。だが、そこがいい。
・・・すみません。勘弁してください。

この時点で「大好きなあの子の生着替えをこっそり覗いている」時と同じくらいの興奮度。
・・・いや、たとえの話ですよ。そんなことやってませんよ。
同じ部屋で着替えてたんだから、覗きもへったくれもないですよ!


・・・ゴホン。少しテンションあげすぎましたね。これ以上変態さらしてもアレなんで、ちょっと冷静になりますか。

body005
ランドセルですね。カバーの下に入る部分も細かに作られています。たぶんこの辺が日の目を見ることは金輪際なさそう。
だが、そこが(略

bpdy006
くっつけるとこんな感じ。ランドセル中央の穴はシールドを背面に装着する際に使います。

body007
Aパーツに装着。すラスターとビームサーベル装着口は稼働します。

さぁ、お姉さんの生乳を拝んだ気分でようやくAパーツボディ部が出来上がりました。
次に進みましょうか・・・次は・・・



■組み立て(腰部)

ハァ・・・ハァ・・・スゥ・・・ハァ・・・

やっぱりだめだ!落ち着いてられっか!

ガン・パンツ(ガンダム腰部のこと・・だともう)ですよ!
ガンダム大好きっ子にとっては、銭湯に向かう隣のお姉さんがうっかり落としていった洗濯前(ここ重要)のショーツと同等の価値があるガン・パンツ!

・・・え、変態?だからなんです?

なんかパッと見パーツが多くて製造工程も複雑。子供の頃の100/1ガンダムとは雲泥の差だ。
・・・たまらん!

なんかもう、ハァハァいいながら作っちゃうぞ!

body008
・・・って、もうできてしまったな・・・。前部およびサイドが大きく開き、可動域を作り出している。
アニメ見てても疑問だったんだよなぁ。どうやって足を前に出してるんだろう?って。
なるほど、これなら問題ないよね。

ちなみに中央の赤い部分は開かないです。耐熱フィルムも出ませんし、耐熱フィールドを放射することもありません。そうそう、触手も出てきませんのでジオンの女士官をそばに立たせても何も起こりません。

・・・触手の元ネタはググってらっしゃい。ガンダムAを購読していれば心当たりあるかも。

body009
ちなみにお尻の部分はこうやって開きます。ここのフックにハイパーバズーカとかを引っ掛けて固定します。
どうやって固定しているんだろうと思ったら、こういうことだったのか。
・・・ショーツ引っ張って中覗いているようにも見えるんだけど、それは黒ウサギがたまっているということでファイナルアンサー?

さて、腰部はこれでおしまい。次は小物をちょっと作ります。



■組み立て(肩/サーベル)

なんと言うか、興奮した血を冷ましてくれるようなインターミッション。
でも、結構重要なパーツです。

body010
ショルダーアーマー。
上腕に直接つけるのではなく、ボディと上腕との間に挟まれるように装着するのだとようやく認識。
しかも前・後・上の3パーツ構成ときた。カッコイイ!

bodu011
ビームサーベル。2パーツ構成なのは驚いた。
この先に刀身をつけて手に持たせるか、ランドセルに装着するかは自由。
背中に二本サーベル挿しているのに手持ちで一本持っているという妙な事態にはならない。さすが。


さぁ、ちょっと落ち着いてきたから、次いこうかな。
結構パーツが出来上がってきているけど、次は何かな・・・



■組み立て(Aパーツ)

ら、らめぇぇぇぇ!

ついそんなことを叫びそうになる。
いよいよAパーツを組み立てるときが来た。ランナーにはまだ結構パーツが残っているがそんなこたぁどうでもいい。

これを組み上げるときの感動といったら、もう・・・なんだろうな・・・
「好きな子の生着替えに偶然遭遇した上、何もつけていない上半身を脳裏に焼き付け可能なほどの時間凝視することに成功した」ぐらいの感動ですかね。

僥倖に出会ったときに神の存在を感じる。そんなときと同じぐらいの感動。

さぁ、お約束変態トークもかましたので作りますか!

aparts001
Aパーツボディとショルダーアーマー、両腕に頭部、そしてサーベル。これを組み立てるだけなんだけど・・・

aparts002

ら、らめぇぇぇぇ!
思わず言ってしまった。Aパーツ完成!
なんか、興奮のあまり鼻血が出そうだ。ギャルゲーで言うなら最初のベッドシーンに突入できたときの興奮というところか。

結構小顔。ショルダーアーマーもごついので、全体的にパワフルな印象を受けるね。
こりゃ完成が楽しみだ。

さぁ、次は何だ?順番から言うとBパーツかな・・・



■組み立て(Bパーツ)

ひぎぃ!

あまりに予想通りだ。思わず上みたいな声を出しそうになる。
・・・出したら変態だって。気持ち悪いよ説明書読みながらプラモ作ってていきなり「ひぎぃ」って。

Aパーツと比べると感動は低いが、「今年初めてのパンチラ」レベルはあると思うよ。ガン・パンツ入ってるし。

bparts001
パーツはこんなところ。両脚、ガン・パンツ、腰部サイドプロテクター、コアブロック接合パーツ。
Aパーツと同じで、基本組み立てるだけなんだけど、足やら腰やらということでちょっと変な気分になる。そんな作業も楽しかったり。

bparts002
ひぎぃ!

あ、言っちゃった。まぁ、変態なので問題ないですが、何ですかこの脚部プロポーション。
カッコイイ・・・

こんな脚の女性には声をかけたくはないですが、一年戦争時の連邦系MSに共通して言えることは「大腿から足首にかけての曲線が美しい」ということ。
「ダム」(ふくらはぎのくびれ)も大きくていいね。アスリートの脚という印象かなぁ。

bparts003
ちょっと可動域確認ついでにポーズとってみた。まるで春一番でOhモーレツ!状態だな。
足首の可動域が狭いようなので、あまり無茶な動きはできないけれど、「アムロ、いきまーーす」の再現ぐらいはできそう。後は膝立ちもいけるかなぁ。



どこまで引っ張るんだといわれそうだけど、結構書いたので今回はこの辺で。
この状態でAパーツ+Bパーツの「コアブロックなしガンダム」もできるけど、ここで我慢するのが大人。

「目の前でじらすように誘われてもがっつかないで、平然とした風を装って主導権を自分に持ってくるテクニック」と一緒・・・なわけないだろうがw

では、続きはまた次回。

そんじゃね~ノシ

次回:http://krousagi.blog103.fc2.com/blog-entry-141.html
スポンサーサイト
  1. 2009/05/04(月) 23:58:25|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【今度こそ】ガンプラ作ろうぜ!その④【大地に立つ】 | ホーム | 【ガンダム】ガンプラ作ろうぜ!その②【大地に立てるか】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://krousagi.blog103.fc2.com/tb.php/140-5a8473de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロウサカウンター

カウンターを追加してみました

人数伸びないと、ウサギだからさびしくて死ぬかもしれんw

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

Krousagi

Author:Krousagi
黒ウサギの部屋にようこそ!
時々毒っ気全開になるので、気分が悪くなったら、電源を切って外の空気を吸おう!

写真が皇帝ペンギンなのは、特に突っ込まないでくれ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。