黒ウサギのつぶやき

日常生活の中でふと思いついたことなどを中心に、できるだけ新鮮なうちに書き込んでいきます。 とはいえ、結構怠け者なので、かなーり間が開くかもです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【外道】松本聖香ちゃん殺害の鬼畜さん共【人外】

今日は、定額給付金が出たのでパーッと使い切った。
あぶく銭ではあるものの経済貢献でもするかと、自腹では買うのをためらっていたものなどを買ったので、今日はその話でもと思ったが、そんな気分には到底なれない。

某アイドルの全裸事件現場までちょっと足を運んでみたけれど、そんなこともどうでもいい(これに関しては警察・マスコミ・経済界など行き過ぎ感があるけど、このブログで取り上げてもなというのもあるし)。

民主党鳩ポッポがどこぞの宗教団体みたいなことを意ってもいるけど、正直とっとと消えてくれれば問題ない(いまだに民主を支持するのは在日程度なんじゃないのかとさえ思う)

毒カレー?ああ、そんなのあったな。決着に10年って日本の司法はどこか変なんじゃないかと感じるが、それもここで話すものじゃないかな(今回の話に少しかぶりそうだが)

それよりも、これだ。このニュース。



■聖香ちゃん「本当のお父さんのところに帰りたい」 母親ら3人逮捕(イザ!)
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/246492

 行方不明になっていた大阪市西淀川区の市立佃西小4年、松本聖香さん(9)の事件で、大阪府警捜査1課は死体遺棄容疑で、母親の松本美奈(34)と同居人の小林康浩(38)、知人の杉本充弘(41)の3容疑者を逮捕した。いずれも容疑を認めているという。

記事本文の続き 松本聖香さんは、物おじすることがない活発な子供だったという。芸能事務所に所属し、子役として舞台に出演したことも。「明るくて人懐っこかった」。聖香さんを知る人たちは口をそろえる。関係者によると、聖香さんは昨年秋ごろ、大阪市西淀川区内の別のマンションから現在の住まいに移り、母と同居の男、男の長男(6)と生活。双子の妹は父親と暮らし、離れ離れとなった。

 聖香さんが昨年12月まで通っていた小学校の同級生だった女児(9)は「明るくて楽しい子だけど、お別れのあいさつではずっと泣いていた」と思い返した。「新しいお父さんはお酒を飲んだら豹変(ひょうへん)する。本当のお父さんのところに帰りたい」。同級生によると、聖香さんは今年初め、か細い声でこう漏らした。

 美奈容疑者を知る関係者によると、美奈容疑者は平成9年に元夫と結婚し、聖香さんら娘3人を出産。16年に大阪市西淀川区へ転居、娘たちを保育所に預け、事務の仕事を始めた。19年ごろから大阪・北新地でホステスを始めた。育児もおろそかになり、食事を作らないことも。聖香さんが「ご飯を食べさせて」と近所を訪ね歩く様子が度々目撃されていた。一方、小林容疑者は暴力団関係者をかたるなどしていたという関係者の証言もあるが、勤務先の自動車整備会社の印象は正反対。採用面接で「子供のために一生懸命仕事をする」と話し、勤務態度はまじめだったという。




このブログを定期的に見ている人がどれだけいるかはわからない。でも、この記事を見た人にはこの顔を覚えていって欲しい。

自分の娘を守らないどころか死ぬまで責め続けた鬼畜、松本美奈(34)kichiku
(・・・クスリやってそうな顔だな・・・)

暴力団関係者をかたるなど、人間の根底部から腐っている聖香ちゃん死亡の実行犯、小林康浩(38)
jingai
(職業差別じゃないが「自動車整備工」などの肉体系業種って、こういう騒ぎ起こすやつ多いよね)

死体運び担当、殺人夫と同じ穴の狢杉本充弘(41)
mujina




小林は内縁の夫なのだが、こいつの連れ子(6)と聖香ちゃん(9)との4人家族という状態。
双子の妹がいたようだが、こちらは前夫と暮らしている。前夫のところへ逃げ出したらしい。

>平成9年に元夫と結婚し、聖香さんら娘3人を出産。16年に大阪市西淀川区へ転居、娘たちを保育所に預け、事務の仕事を始めた。19年ごろから大阪・北新地でホステスを始めた。育児もおろそかになり、食事を作らないことも。聖香さんが「ご飯を食べさせて」と近所を訪ね歩く様子が度々目撃されていた。

直前まで双子の姉だけをつれていたということは、もう一人の娘も前夫のところなのかな。決してそれが救いというわけじゃないけれど・・・。

この記事には実は伏せられている情報がある。この鬼畜母、平成18年に夜間もレストランで働くようになったことがきっかけで夫婦仲が悪化して家庭内別居になっている。
19年のホステス業は、「経済的な自立」のためらしい。この辺、他の情報ソースと平行してみないとわからないあたりだね。

前夫の仕事がなんだったのかとか、経済状況がどうだったのかはわからないが、妻が夜間「も」レストランで働く状況は異常だ。どこまで金がないのかと。子供3人とはいえ、中学までは義務教育だからさほど金はかからないはずだし、補助だってでる。

夫婦仲が悪化するレベルと考えると、
・「レストラン」自体がなにやらいかがわしい
・「レストランで知り合った人間」と何かしら関係が出来ちゃった
・昼夜働きづめ(または昼の仕事をやめて夜間だけにした?)のため、家事・育児を完全にパスして家庭内に問題を生じさせた

・・・という風に想像してしまう。原因が何であろうと、子供にとってはいい迷惑だが。
二人分の親権を父に取られているということは、大方浮気かなんかが離婚理由なんだろうけど。

「経済的自立」を求める場合、他にも仕事は選べる。ここでホステスを選ぶあたり、その手の人間だった、という認識で問題ないかな?別居状態とはいえ前夫には扶養義務は残っているので、金に困ることはないはずだし、必要なら援助を受ける事だってできるのだが。
(それすら思いつかなかった低脳なのか、もともと「ホステスやりたい!」というものなのか・・・)

この殺人夫との出会いも、某焼肉屋で隣り合わせの席になり、たまたま子供をつれてきていたから・・・というもの。
こんなきっかけで内縁状態になるあたり、どうにも依存的な性格なのか、母親よりも女を取る女だったのか・・・なんにしても「親になってはいけないレベル」の人間なんだな、という印象を受ける。

娘の捜索願を出し渋り、公開捜査にぎりぎりまで反対し、捜索真っ最中に殺人夫と焼肉屋で談笑と、相当ないかれっぷりだ。もはやこれは「母親」ではない。人であるかすら怪しい。



虐待を受ける子供は、往々にしてその理由を自分にあると考える。そのため、必要以上に虐待する親をかばうことが多い。黒ウサギも仕事柄そんな子供を見たことがある。
DVを受けても逃げ出さない女性(一部男性も)についても同じようなことがいえたりする。こちらの場合は「私がいないとこの人はだめになる」という母性もたぶんに働いているようだが。

さらには、最近ご近所のトラブルに介入しずらい雰囲気や、もはや形ばかりで「前兆はわかっていたが防げなかった」と定型文を繰り返す相談所、警察の力不足が目立っている。
「虐待を受けている(家も知れない)子供達を助けたい」という建前と「でも自分がやりすぎて責任取らされるのはカンベンです。自分、生活ありますし」という本音。今は本音の方が強い人が多いのだろうね。所詮他人の痛みだ。自分がいたいわけではないのだから、その分対応が甘くなる。

学校の担任はこんな感じ。
・痣があることに気づき、聖香ちゃんが殺人夫に殴られていることを本人から聞いた。
・鬼畜母に聞いたら「良く転ぶんですよ」「この子は嘘をつくことがありますから」でいったん引き下がる。
・その後、家庭訪問の話をするが「共働きで忙しい」「親戚に預けている」など言い訳されたために家庭訪問実らず。
・児童相談所への報告も検討していたが、見送っている(ここ重要)


結果:聖香ちゃんの状態の変化に気づきながらも、結局力になれず。下手すれば親よりも長時間一緒にいる立場なのに。

つぎ、ご近所さん
・虐待してるっぽい雰囲気を感じたので防犯支部長に通報している(11月・3月の2回)
・ベランダに出されてりる聖香ちゃんを見ている人間もいる
・聖香ちゃんから「何か食べさせて」といわれた人間もいる


以上。それ以外はなんらアクションなし。まぁ、今なら当たり前、というところかも知れないけどね。
子供にこういう真似かますキチガイに何か言うというのはかなり勇気がいるから、まぁ責められたものではないが、

結果:聖香ちゃんかなりやばいぞということがわかっていながら、見殺し。


そして、警察など権力・権限を持っている機関の連中。
・西淀川署防犯協会の防犯支部長(67)に民間人(近くで測量していた測量会社の人)から虐待の疑いありの通報はあった
・支部長、「署に伝えた」というが、署は「そういった情報は一切なかった。聞いてないんですが」と返す
・支部長、あぼーん新聞の取材に大阪府警西淀川署に報告したと明かしたが、その日時や相手は明言しなかった
・この支部長、11月・3月の近所からの虐待の疑いに対する通報も署に報告したといっているが、署はやっぱり「聞いてませんけど?」状態。署の幹部に直接面会して伝え、署は「また調べる」と悠長な回答をしたそうだが・・・。


これ、どちらかが嘘をついているね。こういうところはしっかり掘り下げろよ、マスゴミ!一応期待してるぞ!

結果:最も聖香ちゃんを救えるポジションにいたにもかかわらず、捜索願発生(既に死亡)までまったくタッチしていない。

児童相談所
・話しでてこないね。何もしてなかったんと違う?ほんと使えねぇ


ここまでの結論。

近所は一切あてにならない。警察を待っていたら、間違いなく手遅れ。担任なんざ結局何も出来ない。自分の身は、自分で守らないとダメだ。

このことを、小学校レベルから教え込まなければならないと思う。これは、家庭内暴力に限った話ではない。いじめられた場合の対処にすら応用が利く。
周りが気付いて助けてくれるのを待っている場合ではない。自分から助けを求めなければ、もうどうにもならない社会になっている・・・。そのことを叩き込まなければ。

または、より権限の強い、強制的に家庭に介入できるレベルの組織を作るなんていうのもいいかもしれない。警察権力よりも高くは設定できないだろうが、まともに機能しているとは思えない児童相談署よりは有効ではないかと思う。



結局、この鬼畜どももこれだけ人の道に外れた真似をしているにもかかわらず、死刑にはならない。殺人にすらならなそうに思えるので、実刑としても数年ででてくるだろう。
前にも書いているが、日本の「改悛を目的とした」刑法は、もはや今の日本にはそぐわない。結局被害者が泣きを見る今の法では、「裁く」なんてとてもではないがいえない。

この手の人間は、日本で平和に暮らす人たちにとっては害でしかない。率直に言えばとっとと死刑にしてしまえばいいのになとさえ思う。

喘息もちの聖香ちゃんに薬をあげない上に一週間ベランダに放置って、もはや人ではないだろう。矯正できると思ってるの?こんな真似をしでかす似非人間を。

こいつら聖香ちゃんを埋めた翌日に殺人夫の長男の入学式に出てるんだよ?平然と。
長男もこの殺人夫の遺伝子が混ざってると思うと、正直一緒に処分して欲しいものだが、まぁ、子供ならまだ矯正の余地ありか?親がいなくなるので、どこかに預けられるだろうけど、そこでまっすぐ育って欲しいものだ。

おそらく前夫と暮らしていた頃であろう鬼畜母と聖香ちゃんの写真
katsue
別人だよね。人間、どこまで転がり落ちることが出来るのか。芯のしっかりしていない女性だったのだろうなと思う。
三年後がこんなだもんね・・・
konozama
・・・やっぱりクスリやってそうな顔だよなぁ。激痩せとか目の下の隈とか・・・。

最後に、聖香ちゃんのご冥福をお祈りします。そして、彼女を死に追いやったこの人外どもが地獄におちますよう、あわせてお祈りします。

seika
こんな状態になりながらも、ベランダから外に助けを求めることもせず、ただ窓が開くのを待っていた彼女。きっとまだ母親の事を信じていたのかもしれない。そう思うと、なおさら不憫です。

そんじゃ、またねー ノシ











スポンサーサイト
  1. 2009/04/25(土) 22:27:57|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<【定額】哀・物欲博【余裕でOVER】 | ホーム | 【バランスのよい】新聞はバランスいいってよ!【偏食】>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2010/07/14(水) 20:59:47 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2010/07/26(月) 23:34:46 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://krousagi.blog103.fc2.com/tb.php/136-eb939e01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロウサカウンター

カウンターを追加してみました

人数伸びないと、ウサギだからさびしくて死ぬかもしれんw

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

Krousagi

Author:Krousagi
黒ウサギの部屋にようこそ!
時々毒っ気全開になるので、気分が悪くなったら、電源を切って外の空気を吸おう!

写真が皇帝ペンギンなのは、特に突っ込まないでくれ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。