黒ウサギのつぶやき

日常生活の中でふと思いついたことなどを中心に、できるだけ新鮮なうちに書き込んでいきます。 とはいえ、結構怠け者なので、かなーり間が開くかもです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【それが】神隠し殺人・無期判決【裁きか】

これ、2月の話だけど、下書きで放置されていたので、ここでアップしておきますね。
ステータスよく見ないとまずいな・・・


・・・正直、日本の司法はもう少しましなものだと思っていた。前例主義とはいえ、前例は参考にする程度で、相応の罪を犯したのなら罰せられる・・・そう信じていた。

この信じられなさ加減は、ついさっきがんばってためたブルーチップ65シートで頼んだPSP-2000が届いて、運がよければCFWでSFCゲームでもやろうかなへへへなんてwktkしつつ包みを引きちぎり、外箱を確認したところ『A』となっていてYAHOOOOOOOOOO!と大喜びしたのもつかの間、そのすぐ上に『PSP-3000』と書いてあって地獄に叩き落されたのと同等ぐらいか。

いや、ごめん、比べられないわな。くやしいな・・・PSP-3000か・・・。あしたアイマスかって来よう・・・。
何が「メーカーの都合により用意できなくなったため同等以上の商品を送らせていただきます」だよ。換算すれば同等以下だよPSP-3000なんか・・・。Fuck Sony!

・・・と、まぁそれはおいておいて、表題の件だな。もうなんというか、言葉もないな。


【神隠し公判】「残虐極まりないとまではいえない」無期懲役判決の理由 (MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090218/trl0902181056006-n1.htm

 東京都江東区のマンションで会社員の東城瑠理香さん=当時(23)=が殺害されバラバラにされた事件の判決公判で、東京地裁の平出喜一裁判長は星島貴徳被告(34)に無期懲役判決を言い渡した理由について、「犯行は冷酷だが、残虐極まりないとはいえない」と述べた。

 平出裁判長は星島被告の動機について「女性を思い通りの人格に作り上げ、ゆがんだ性的欲望のため『性奴隷』にしようとして被害者を拉致した」と認定。「事件の発覚を防ぐには被害者の存在自体を消してしまうしかないと考えての犯行。極めて自己中心的で卑劣、酌量の余地はない」と非難した。

 平出裁判長は、その上で、死刑を言い渡すには「相当強い悪質性が認められることが必要となる」と指摘。星島被告の犯行について「抵抗できない状態の被害者に包丁を1回突き刺した犯行は冷酷だが、執拗(しつよう)な攻撃を加えたものではなく残虐極まりないとまではいえない」と述べた。死体損壊・遺棄については、「量刑に十分考慮するべきだが、被告が死刑を求刑されているのは殺人罪に問われたからだ。死体損壊などの行為を、殺害行為に比べて過大に評価することはできない」とした。


(後略。続きはリンク先をご覧ください)

この判決は、「計画的」でなく、「一撃で命を奪う」行為であれば死刑にならない。無期懲役が相当(当然終身刑ではない)、といっているわけなのか。

まぁ、日本の法律が『懲罰』ではなく『更正』意識したものである以上、死刑を科すにはかなりのハードルが必要だということは理解している。そして地裁は比較的量刑を軽くする傾向があるなどと一般にいわれていることも知っている。

それにしても・・・、これはどうなんだと思うよ。

第三者である黒ウサギはできるだけ遺族に感情移入しないようそういった描写はできるだけ飛ばして、この事件を報道されている範囲で確認してみた。
それでも、無期懲役はあんまりだなと感じる。

平出喜一裁判長「死刑を言い渡すには「相当強い悪質性」が認められることが必要」としているわけなのだが、『自分が捕まるのを回避するために他者の命を奪う』という行為は、死刑に値するほどの悪質性はない、とそういっているわけですね。または相当する悪質性はあるが、犯人に改悛の余地があるため差し引いている・・・とも考えられる。

ちょっと裁判長の言葉を聴いてみよう。

『抵抗できない状態の被害者に包丁を1回突き刺した(しかもそれで命を奪っている)』
(平出)<執拗に攻撃を加えていないから残虐極まりないとはいえないんじゃない?

『死体損壊・遺棄について』
(平出)<考慮するべきだけれど、今死刑云々行っているのは『殺人』についてだろ?だからそんなに判決にウェイトのせることはしなかったよ。

『なぜ無期懲役なのか』
(平出)<ざっくり言うとこの辺が減刑ポイントだね。
1) 殺害の凶器を用意していたわけじゃないでしょ?計画殺人じゃないから減刑できるね。
2) 拉致した後本来の目的だった猥褻行為していないよね。これも減刑対象。
3) 事実を認め、謝罪の態度を見せていると思うよ。だからもうひとつ減刑。
この三つを合わせて死刑から無期懲役にします。ま、日本の法律と前例ならこんなところかな。



あれ・・・黒ウサギは頭おかしくなったのかな?ぜんぜん納得できないよ、これ。

ちょっと供述の一部を抜き出すぞ。

星島被告
「体重をかけるよう、首の奥へと刺していきました」
「ブチブチと切れる感触。首の筋、首の筋肉、血管が切り裂かれてる感じ」
「うめき声『ぐうっ』という低い声」
「(東城さんは)ゆっくりと呼吸するように胸を動かしていた」
「5分ほど続いた」
「包丁を抜けば早く血が流れて、早く死ぬと思いました」
「(抜くと)少し体を震わせて、あごや首元がピクリとけいれんした後、動かなくなりました」(抜粋)

検察官
「頭から髪の毛を切り取り、耳や鼻、唇を切り取りました。目玉をえぐって下水道管に流しました」
「頭蓋骨をのこぎりで切り、中の脳を取り出し下水道に」「骨を鍋に入れて茹で、肉片、歯などをトイレに流す」


なるほど殺人は計画的ではなかったかもしれない。だが、発覚しそうになったら即殺し、さらに細かく刻んで証拠隠滅をするところは計画云々以前に『計算』している様にしか見えないのですが。

『計算』しながら犯罪を犯すということは、『計画』して犯すよりもよほど悪質だし、淡々とこれだけのことをしでかす人間に改悛の余地があると判断するなんて、とんでもないレベルの慧眼の持ち主か、ただの節穴かの二者択一だと思うのだが、この裁判長はどっちなんだろうね?

『酌量の余地はない』といっているにもかかわらず減刑しているのも良く分からないな・・・。

裁判は判例主義というけれど、それでは何のための裁判官か分かったものではない。

『前に似たような事件で○○の判決が出ているから、それに倣っておきます』では、もう裁判官いらないだろ?

それにしても「計画性の有無」とか「反省の有無」で減刑になるという理屈も良く分からない。この被告は自分がつかまりたくない一心で他者の命を奪っている。証明は難しいが、『見つかりそうになったら殺す』と計画していたとさえ思えるんだけどね。これだけ計算して死体を処理するような人間が、そこまで頭が回っていなかったというのも変な話だし。

上にも書いたけれど「反省」しているかどうかなんて、そんな短期間で分かるものなのだろうか?それも裁判官が裁判のときだけの情報で判断しているわけなんだけれど、正直そこまで分かる人間なんていないと思うよ。

あとは『相当強い悪質性』の敷居をはっきりさせてほしいな。殺人で訴えられたから死体遺棄と死体損壊は切り離すというのも変な話だし。
『拉致→殺人→死体損壊→死体遺棄』これをセットで裁かなければ、何の意味もないと思うんですが。

『法』というものが現代の日本人の感覚と乖離しているのか、『法の番人』の判例主義・量刑相場がもはや現代の日本人が求めるものに届かなくなっているのか。
どちらの場合も被害者が一方的に不幸になるからくりだなと感じる。

じゃぁ、どうすればいいのか?という話しになっちゃうと長くなるのでさっくりまとめよう。

・とりあえず平出裁判長の罷免裁判を起こしたほうがいいと思う。この人の判決を見る限りでは上のように趣旨がうまくかみ合っていなかったり、洞察力が十分機能していないように感じる。判例主義の塊とも見えるので、この人に裁かれると相当な極悪人でも刑務所でただ飯生活を送れてしまうかもしれない。

・高裁、最高裁が変な判例主義にとらわれない判断をしてくれることを期待する。

・どうしても無期懲役になったら、一生でてこないよう祈る。

・犯罪の判断がパーツ谷ではなく全体を通して判断してもらえるよう法改正を働きかける。


こんなとこなのかな・・・ろくな手がないよなぁ・・・。

とりあえず参考資料のリンクを張っておきます。黒ウサギはこれを読んだ後に判決を知ったので若干感情的になっちゃったのかも。

わが国の無期懲役について
http://www.geocities.jp/y_20_06/wagakunino.html

無期懲役についてよく分かるQ&A
http://www.geocities.jp/y_20_06/q_a.html


よく考えれば計画性もないのにこれだけひどいことをする人間が、更正するのか本当に不安な刑務所生活を送って数十年もすれば出てきてしまうことのほうが怖いな。

しかし・・・これで女性を強姦して殺しても証拠が残らないくらいバラバラにしてひたすら言い逃れすれば罪が軽くなるってことがこの裁判ではっきり示されたわけだ。
生活に困ったら自殺する前に強姦バラバラ殺人+反省・泣き落としの演技で夢の刑務所生活・・・か。
ひどい話だ。


『罪を憎んで人を憎まず』なんて生ぬるいことをいっていると、大切な人が突然キチガイに奪われる・・・なんてことになりかねない現代。
正直、もう法に守ってもらおうなんて考えないで、大切な人は自分で守る、ぐらいの考えでいないとまずいのかもね。キチガイが無罪になる「精神鑑定」なんてのもあるし。
キチガイだって罪は罪だろが。

なんかグダグダになっちゃったな。城瑠理香さんのご冥福をお祈りするとともに、ご遺族の納得のいく判決が出ることをあわせてお祈りします。

星島貴徳には死にたいと懇願するほどの苦しみを一生与え続けながらの無期懲役なら許す。さもなければ死刑。ってのが黒ウサギの感想かな。

もう日本の法は正常に機能していない。被害者が泣きを見るだけの法などないも同然だ。
経済対策云々の前に、悪いことをした人はしっかりと罰してくれるほうを作り直してほしい。
犯罪抑止力とかの話しをしているんじゃない。遺族が過去と決別するタイミングを作ってやってくれといているんだ。そんな難しいことじゃないと思うんだけどね。

そんじゃね~
ノシ

スポンサーサイト
  1. 2009/04/03(金) 18:53:13|
  2. 日々の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【買い物】雑感あれこれ【いろいろ】 | ホーム | 【お客様は】『サービス』のボーダーとは【神様じゃないが】>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://krousagi.blog103.fc2.com/tb.php/128-7e436673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クロウサカウンター

カウンターを追加してみました

人数伸びないと、ウサギだからさびしくて死ぬかもしれんw

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

Krousagi

Author:Krousagi
黒ウサギの部屋にようこそ!
時々毒っ気全開になるので、気分が悪くなったら、電源を切って外の空気を吸おう!

写真が皇帝ペンギンなのは、特に突っ込まないでくれ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。